【太陽の昇る国へ】戦後70年、日本新生のために 幸福実現党党首・釈量子 (1/3ページ)

2015.1.9 05:00

年頭の記者会見をする安倍晋三首相。=5日午後、三重県伊勢市

年頭の記者会見をする安倍晋三首相。=5日午後、三重県伊勢市【拡大】

 --2015年を迎えました

 戦後70年の節目となる本年を、日本から自虐史観を完全に払拭し、世界の平和と繁栄に貢献する国家へと新生を図るための大きな一年としたいと思いますね。

 昨年末の衆院選での自民圧勝を受け、憲法改正へ向けた環境整備が進みつつあります。憲法改正と聞くと、その中心論点のひとつが9条改正であることから、「すわ、軍国主義の復活か」と危惧する方もいらっしゃるかもしれません。

 しかし、北朝鮮が核ミサイル保有を急ぎ、中国が強大な軍事力を背景に、強引な海洋進出を繰り広げるなど、日本を取り巻く安全保障情勢は悪化の一途を辿っています。その一方で、わが国の安全保障の頼みの綱である米国が、世界の警察の座から降りようとしている--。こうした状況を冷静に見れば、国家・国民を守り抜くためには、憲法9条の改正をはじめ、国防強化が急務であることは論を待ちません。

 私たちは立党以来、一貫して国の守りを固めるべしと訴えてきましたが、これは決して戦争をしたいからではありません。皆さまお一人おひとりの大切な生命・安全・財産を守りたいからであり、平和を守りたいからなんですね。他国による悪を押しとどめるための抑止力整備は、宗教政党としても、正義にかなうと考えます。

 --それでも、防衛力強化にはアレルギーも強いですが

 空想的平和主義に逃げ込んでいては、もはや国を滅ぼしかねないということは申し上げておきたいと思います。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。