スカイマーク株価の“珍現象” 「再生できれば価値残る」投資家勘違い? (1/2ページ)

2015.2.27 05:35

スカイマークの株価

スカイマークの株価【拡大】

 民事再生手続き中のスカイマークの株価が、上場廃止直前にもかかわらず、20~30円台で取引される“珍現象”をみせている。通常、経営破綻した企業の株式は「紙くず」になってしまうため、1~2円まで売られるケースが多い。スポンサー選びが進む中、「うまく再生できれば株式の価値は残る」と思い込んでいる株主も多いようだ。

 スカイマークは1月28日に民事再生法の適用を申請。これを受け、同社株は現在、東京株式市場で「整理銘柄」に指定されている。27日が取引最終日で、3月1日付で上場廃止となる。

 1月28日に317円(終値)だった株価は、続く29、30日と値幅制限(80円安)いっぱいまで値下がりした。

 今月2日に東京証券取引所が値幅制限ルールを撤廃したため、一時16円まで売り込まれ、16日と17日には年初来安値の10円をつけた。

だが、インターネットなどでスポンサー候補の企業名が報じられた…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。