上海ごみ処理量、10年比で2割減

2015.3.2 05:00

 上海市で先月中旬に行われた「グリーンライフ 低炭素行動」キャンペーンによると、埋め立てや焼却などで処分された同市の市民1人当たりの生活ごみ処理量(1日分)は最新のデータで660グラムで、2010年時点の820グラムから約2割減っていたことが分かった。上海市は5年連続で生活ごみの分別推進プロジェクトを打ち出している。

 同キャンペーンの目的は、メディアなどを通じた宣伝で知識普及を行い、上海市民に対してグリーン(環境に優しい)かつ低炭素な生活理念を広めること。市民一人一人が衣食住、そして行動の方面で環境保護への自覚と規律が求められているという。

 キャンペーンでは市民に対し、環境保護に関する知識を紹介するハンドブック「低炭素生活指南」が計10万冊、無料で配布されたほか、市内の一部の公園では、低炭素生活の知識普及の巡回展示が行われた。(経済日報=中国新聞社)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。