フィリピン、14年スマホ出荷台数76%増 地場メーカー普及後押し (1/2ページ)

2015.4.7 06:34

首都マニラを訪れたローマ法王をスマホで撮影しようと群がる人々。フィリピンはスマホの出荷台数が急伸している=今年1月(AP)

首都マニラを訪れたローマ法王をスマホで撮影しようと群がる人々。フィリピンはスマホの出荷台数が急伸している=今年1月(AP)【拡大】

 フィリピンはスマートフォンの普及が急拡大している。米調査会社IDCによると、同国の2014年のスマホ出荷台数は前年比76%増の約1260万台に達した。東南アジア諸国連合(ASEAN)域内でみると、スマホ出荷台数はインドネシア、タイに次いで3位。フィリピンでは地場携帯電話メーカーによる低価格帯スマホの販売加速が市場拡大を後押ししているとIDCはみている。現地経済紙ビジネス・ワールドなどが報じた。

 14年のフィリピンの従来型携帯電話を含む携帯電話全体の出荷台数は2680万台だった。うちスマホの割合は47%で、13年の24%から急伸している。

 フィリピンでは、昨年の第3四半期(7~9月期)に出荷台数でスマホが従来型携帯電話を初めて追い抜いたもようだ。昨年、スマホ出荷台数の約6割が4000ペソ(約1万720円)以下の低価格機種だったことなど、価格低下がスマホの普及に拍車をかけている。

 14年のスマホ出荷台数のメーカー別シェアは、地場チェリーモバイルが21.9%で首位、次いで韓国サムスン電子が13.3%、地場マイフォンが11.2%と続き、トップ3のうち2社を地場企業が占める。

一方で、中国メーカーも存在感を強めており…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。