赤坂・虎ノ門、再開発が加速 事業者連携、日本を代表するビジネス街に (1/4ページ)

2015.7.10 06:36

 ■【東京2020 国際都市への挑戦】事業者連携で大規模「緑道」も

 虎ノ門・赤坂地区で大規模な再開発プロジェクトが一斉に動き出した。1年前に完成した「虎ノ門ヒルズ」に続き、2020年の東京五輪までに東京駅前の丸ビルクラスの超高層ビルが6棟建設される計画。新駅計画が具体化し、地下道も整備される予定で、さらに新たな大規模開発構想も浮上している。丸の内・大手町、日本橋に並ぶ日本を代表するビジネス街が形づくられることになりそうだ。

 大手町上回る規模

 東京は超高層ビルによって都市機能の更新が行われてきた。西新宿を最初に丸の内・大手町、汐留、日本橋と超高層ビルエリアが拡大。今後は27年のリニア新幹線開業で品川操車場跡地の開発が注目されているが、現時点で最も活発なスポットは政治の中心である永田町・霞が関に隣接し各国大使館も多い虎ノ門・赤坂地区だろう。

 「虎ノ門はもともと古いビジネス街でオフィスビルの老朽化が進んでいた。11年の東日本大震災を機に建て替え機運が高まったところに東京五輪開催が決定し、一気に計画が動き出した」と、森トラストの吉田武副社長は背景を語る。

海外から反対の声もあるホテルオークラも秋に解体が始まる見通し

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。