TPP協定文案の全文公表 政府調達、3年内再交渉 他国の生産施設査察 (1/2ページ)

2015.11.5 22:00

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加12カ国は5日、英語表記の協定文案を全文公表した。公共工事などの政府調達では、適用範囲の拡大について発効後3年以内に再交渉するほか、関税引き下げの規定については参加国の要請に応じ、7年後に再協議するなど、関税・ルールなどの分野で見直し時期を定めたことが明らかになった。

 協定案は関税撤廃の取り決めを含む「市場アクセス」や、著作権や特許権の制度を統一する「知的財産」など全30章で構成される。TPP参加12カ国が、事務レベルで細かい表現を調整する作業を進めている。

 ルール分野の見直し規定は、主に米国やオーストラリアなどの連邦制国家が、州政府単位の貿易開放が困難だと主張したことを受けて設けた。政府調達では3年、国有企業改革では5年以内に追加的な交渉を行うと規定した。

 関税分野の再協議は、米国やカナダなど5カ国との間で相手国からの要請に基づき協議すると規定した。自国農業への打撃を避けるため、関税撤廃や引き下げの期間を長期化する措置や、輸入が急増した際に関税を引き上げる緊急輸入制限(セーフガード)などが主な見直しの対象となる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。