「自撮り」サルの写真に著作権なし 米連邦地裁判決

2016.1.8 15:29

 米サンフランシスコの連邦地裁は7日までに、人間が置き忘れたカメラで「自撮り」をしたサルの写真について、サルに著作権があるとする動物保護団体の主張を退け、サルに著作権はないとする判決を言い渡した。

 このサルはインドネシアに生息する「ナルト」。2011年、英国の写真家デービッド・スレーターさんがカメラから目を離している間にシャッターを押して、ピントの合った自らの写真を撮影した。

 米メディアによると、判決は、著作権は動物には及ばないと判断した。

 スレーターさんは写真の著作権が自分にあるとして、この自撮り写真を含む写真集を出版していたが、米動物保護団体「PETA」が昨年9月、スレーターさんを相手取り、提訴した。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。