スター・ウォーズの続編公開、来年12月に延期

2016.1.21 14:05

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の来日記者会見に登壇した(左から)ジョン・ボイエガ、デイジー・リドリー、BBー8、J・J・エイブラムス監督、アダム・ドライバー=11日午後、千葉県浦安市(宮川浩和撮影)

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の来日記者会見に登壇した(左から)ジョン・ボイエガ、デイジー・リドリー、BBー8、J・J・エイブラムス監督、アダム・ドライバー=11日午後、千葉県浦安市(宮川浩和撮影)【拡大】

  • 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の来日記者会見に登壇した(左から)ジョン・ボイエガ、デイジー・リドリー、BBー8、J・J・エイブラムス監督、(1人おいて)アダム・ドライバー=11日午後、千葉県浦安市(宮川浩和撮影)

 人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ」の新作「フォースの覚醒」を配給する米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーは20日、続編の「エピソード8」の公開を2017年夏から同年12月に延期すると発表した。

 昨年12月に公開されたフォースの覚醒が年末年始の休暇シーズンに観客を取り込み、記録的な興行成績を挙げていることを受けた変更。

 フォースの覚醒はこれまでの米国での興行収入が8億6130万ドル(約1千億円)となっているという。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。