日銀、初のマイナス金利導入 「劇薬」効果未知数 4人反対、薄氷の決定

2016.1.30 05:00

記者会見で追加金融緩和策などについて説明する日銀の黒田東彦総裁=29日、東京都中央区

記者会見で追加金融緩和策などについて説明する日銀の黒田東彦総裁=29日、東京都中央区【拡大】

 日銀は29日、金融政策決定会合を開き、追加金融緩和策として、民間銀行が日銀に新たに預ける資金に年0.1%の手数料を課す「マイナス金利」の導入を初めて決めた。原油安で物価は伸び悩み、年明け以降の市場混乱で景気の先行き不安が強まっているため、金利を一段と引き下げる。2月16日から適用する。マイナス金利は副作用も大きいため、9人の政策委員のうち4人が反対する薄氷の決定となった。

                   ◇

 ◆物価見通し下方修正

 金融政策決定会合後に記者会見した黒田東彦総裁は、マイナス金利を導入する理由について、貸出金利などの一段の低下を通じて、消費や投資の拡大を促すことが狙いだと説明した。マイナス金利の副作用として、金融機関の収益悪化が懸念されるが、黒田総裁は悪影響を認めた上で、2%の物価上昇目標達成の時期を「2016年度後半ごろ」から「17年度前半ごろ」に先送りして持続的な成長経路に乗せることで金融機関の収益も改善していくとした。

 マイナス金利は、金融機関が日銀にお金を預けると手数料を取られることから、貸し出しを増やす効果があるとされている。

 日銀は2013年4月以降、世の中に出回る資金量を拡大する大規模緩和を実施してきた。だが物価上昇目標の達成にめどが立たず、新たな手段を採用することにした。

 民間銀行がこれまでに預けた資金には引き続き年0.1%の利息(付利)を付ける。必要があればさらに金利を引き下げる。マイナス金利は欧州中央銀行(ECB)が適用している。銀行貸し出しを増やし、金利低下や円安を促す効果があるとされている。

 長期国債の金利が歴史的な低水準で推移する中、日銀への預金は貸出先に乏しい金融機関の有力な運用手段になっていた。マイナス金利は、預金には利息が付くという経済の根本的な原則を覆すもので、効果が未知数の「劇薬」に近い。

 このため、黒田総裁は今月21日の国会答弁でも「具体的に考えていない」と否定していたが、そのマイナス金利の導入に踏み切ったのは、市場の予想を超える対応が必要と判断したためだ。

 ◆賭けに出た黒田総裁

 今回、市場では政策の据え置きを予想する関係者の方が多かった。日銀は大規模緩和で、市場から長期国債を年約80兆円買い入れ、代わりに資金を供給してきた。だが日銀の購入額は政府が発行する国債とほぼ同等となり、流通する国債も減っているため、買い入れの一段の増額は困難とみられていた。

 仮に追加緩和の場合も、国債などの資産買い入れを10兆~20兆円増やすとの見方が大勢。マイナス金利は将来、資産買い入れが限界に達した際の次の一手とみられていたが、年初から市場の混乱が続く中、黒田総裁はあえて「奥の手」を繰り出し、2%の物価上昇率目標の達成に不退転の決意を示した形だ。

 市場にサプライズを与えることで政策効果の最大化を狙う黒田流のバズーカが再び火を噴いたわけだが、市場には「日銀当座預金残高の全ての金利をマイナスにするわけではなく、やや影響が分かりにくい。この措置が実際に物価や景気に対してどの程度効果があるかは、やってみないと分からないというのが実際のところだろう」(SBI証券の藤本誠之シニアマーケットアナリスト)との声がある。

 「できることは何でもやる」(黒田総裁)という不退転の決意を示したマイナス金利の導入の追加緩和でも、デフレ脱却を実現できるか依然不透明だ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。