「TSUTAYA図書館」3月に連絡会発足へ 運営改善で市民連携

2016.2.1 17:23

 コーヒー店併設や年中無休の開館が人気を集める一方、ずさんな選書が表面化した「TSUTAYA(ツタヤ)図書館」の運営改善を目指し、関係地域の市民らが「ツタヤ図書館問題全国連絡会」を3月にも発足させる。運営会社に選書や従来の図書館とは異なる本の分類法の改善を求め、自治体に新規計画の見直しを要求していく。

 ツタヤ図書館は、平成25年4月に佐賀県武雄市、昨年10月に神奈川県海老名市で開館。宮城県多賀城市、岡山県高梁市でも年内にオープン予定。

 一方、10年以上前の資格試験対策本や、タイの風俗店の記述がある観光案内などの選書が発覚。愛知県小牧市の計画は昨年、住民投票で白紙になった。

 連絡会発足は、武雄市の市民団体が呼び掛けた。自治体に対する訴訟などの情報を共有し、シンポジウムも予定している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。