【専欄】文革初期の指導者、戚本禹の死 元滋賀県立大学教授・荒井利明 (1/2ページ)

2016.5.24 05:00

 中国の文化大革命(文革)初期に活躍し、文革の綱領的文書の起草にも携わった戚本禹が先月、84歳で亡くなった。毛沢東の指導下で文革を推進した「中央文革小組」のメンバーはこれでみな亡くなったことになる。

 戚本禹は1963年に発表した、太平天国の指導者を論じた文章が毛沢東に評価され、66年に設立された中央文革小組の一員に抜擢(ばってき)されて、一躍、権力中枢入りした。このとき35歳、メンバー中、最も若かった。

 だが、中央指導者としての地位を長くは保持できなかった。67年夏、軍内の「資本主義の道を歩む実権派(走資派)」の打倒を主張し、軍に混乱をもたらし、軍幹部の反発を招いた。

 文革を推進するため、軍の安定と軍幹部の支持を必要としていた毛沢東は、戚本禹らを「スケープゴート」として失脚させた。68年初めに拘束され、監獄へ送られた。

 文革後、再び実権を握ったトウ小平らによって裁判にかけられ、83年に「反革命宣伝扇動罪」で懲役18年に処せられた。戚本禹の文革初期の言動は毛沢東の意向に沿ったものだが、トウ小平は毛沢東に反革命のレッテルを貼るわけにはいかず、戚本禹はここでも「スケープゴート」にされたのである。

 戚本禹は文革中の拘束から18年経った86年に釈放され、80歳になった2011年に回想録を書き始めた。今年初め、末期がんが見つかり、60万字に及ぶ回想録を急いで完成させた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。