新富裕層の投資家2.8億人 2020年予想 目立つ「慎重」な姿勢 (1/2ページ)

2016.6.20 05:00

山西省太原市の銀行の財テクサービス担当部署(中国新聞社)

山西省太原市の銀行の財テクサービス担当部署(中国新聞社)【拡大】

 上海交通大学上海高級金融学院(SAIF)と米独立系証券会社チャールズ・シュワブが共同発表した「新期待、新挑戦:中国新富裕層財テク白書」によると、過去30年間の中国の急速な経済成長が新富裕層の投資家たちを育て上げ、その数は増加を続けている。投資家の規模は2012年時点で既に1億2000万人に達しており、20年には2億8000万人にまで増えると予測している。

 白書で指し示す新富裕層たちの税引き後の平均年収は12万5000~100万元(約198万~1580万円)。多様性がみられるものの、多くは大学以上の高等教育を受け、年齢は50歳以下、既婚で子供が1人おり、家と車を所有している。米ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)も以前、「中国新世代消費推進力」というリポートの中で、これらの集団が今後5年間で中国の消費全体の35%、世界の消費の5%を占めるようになると予測している。

 白書ではさらに、新富裕層たちが財産を増やしビジョンを実現するためのツールの一つとして「慎重な投資」を行っていると指摘。投資目的については、42%が生活水準の向上、45%が退職後の生活保障または子供の教育資金と回答、短期的な目的のための投資という人はわずか13%にとどまっていた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。