「食の安全」中国で追跡システム整備着々 小売店32万店超をカバー

江蘇省南京市のスーパーで野菜を吟味して選ぶ買い物客。食品の安全は中国の庶民にとっても非常に気になる問題。トレーサビリティーを確保し安心して購入できる体制づくりが求められている(中国新聞社)
江蘇省南京市のスーパーで野菜を吟味して選ぶ買い物客。食品の安全は中国の庶民にとっても非常に気になる問題。トレーサビリティーを確保し安心して購入できる体制づくりが求められている(中国新聞社)【拡大】

  • 北京で6月に行われた「2016中国国際食品安全・革新技術展覧会」では食品安全トレーサビリティー革新技術展示区などが設けられ、仮想現実(VR)技術を利用して食品の生産流通過程も確認できるようになっていた(中国新聞社)

 中国では現在、肉や野菜のトレーサビリティーシステムを構築した企業が1万5000社余りに上り、小売店32万店超をカバー、全国で基本的な追跡・遡及(そきゅう)が可能なネットワークを形成している。食品安全管理モデルとセキュリティーモデルの革新を推進し、安心できる消費環境を構築するために、積極的な役割を果たしているという。中国国営新華社通信が伝えた。

 今月初旬に行われた中国商務省の定例会見によると、商務省と財政省は近く、上海市、山東省、寧夏回族自治区、福建省厦門(アモイ)市の4地域が重要製品トレーサビリティーシステム構築のモデル地域となることを決定する見通し。

 商務省の沈丹陽報道官は「モデル事業を通じて生産から流通、消費までの全工程で情報化されたトレーサビリティーチェーンを構築し、生産経営の全工程で品質・リスク管理を推進、実際に製品の調達元や責任の所在がわかるシステムが実現することを期待する」と述べた。

 モデル事業では主に(1)肉、野菜、中薬の薬材の流通トレーサビリティーシステムに、より先進的な技術を導入(2)各モデル地域の特色ある産業を1、2種選び、その産業チェーンでトレーサビリティーシステムを構築(3)乳製品のトレーサビリティーシステムを構築(4)重要製品のトレーサビリティー管理プラットフォームを構築し、統一されたビッグデータを管理-の4項目を実施していく。(上海支局)