自動運転、法改正も検討 事故の賠償責任を整理 国交省有識者研究会 (1/2ページ)

2016.11.3 06:46


【拡大】

 自動運転車が事故を起こした場合、損害賠償責任の所在がどうなるのかについて議論する有識者研究会の初会合が2日、国土交通省で開かれた。ドライバーがハンドルを握らない完全自動運転車では、賠償責任がメーカー側にも生じる可能性がある。国交省は早期に課題や解決策を整理することで、実用化に向けた技術開発を後押しする。

 藤井直樹自動車局長は初会合の冒頭で、「自動運転は社会問題を解決する有用な手段だが、実用化に向けて必要となる検討事項の一つが民事責任のあり方」とあいさつ。担当者が最近の自動運転技術の動向などについて説明した。

 国交省は今後、すでに自動運転に関する交通法規を議論している警察庁とも連携して今年度中に論点を整理。来年度以降、自動車損害賠償保障法(自賠法)改正も含めた検討を進める。

 交通死亡事故の9割以上はドライバーの法令違反が原因で、自賠法で人身事故は原則、車の所有者やドライバーが賠償責任を負うと規定している。だが完全自動運転車ではドライバーが運転に関与せず、車に搭載された人工知能(AI)が通信機能との連携で周囲の状況を判断してハンドルやブレーキなどを操作するため、これまでの法規制が当てはまらないケースが想定される。

例えば、事故原因がAIを含めた制御システムの欠陥の場合…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。