トランプ氏勝因はソーシャルメディア FBではデマ横行「クリントン一家が殺人に関与」 (1/5ページ)

2016.11.21 06:22

 今回の米大統領選では、ソーシャルメディアでニュースを得た有権者が初めて過半数に達した。選挙結果が出た今、ソーシャルメディアを運営する企業の自己分析が既に始まっている。

デマも拡散するFB

 フェイスブックは今後、同社のサイトが史上最大のニュースフィルターの役割を果たしたことに対する人々の不満に対処していくことになるだろう。今や米国の成人の44%がフェイスブック経由でニュースを取得し、多くの人々が自分の支持政党寄りのソースが発信する情報を閲覧している。また、フェイスブック上に偽の情報がはびこっていることは以前から問題となってきた。クリントン一家が殺人に関与したとか、ヒラリー・クリントン氏の秘書のフーマ・アベディン氏はテロリストだといったデマが、確かな報道機関による反論にもかかわらず猛烈な勢いで拡散した。

 カリフォルニア大学バークレー校ジャーナリズム大学院のエドワード・ワッサーマン学部長は、これらのデマが世論を形成したと指摘する。同氏は「歴史的な出来事だ。トランプ氏は、一般大衆に呼びかけるときに必要だと考えられている通常のクオリティーチェックを受けずに、広く影響力を発揮する方法でメッセージを発信することができた。権力を持たずに影響力を発揮するメディアが存在したのだ。一方、権力を持って発信するメディアや、入念な事実確認を経て発信する権力者は、実際には影響力を持たなかった」と述べた。

FBがトランプ氏当選を後押しした「事実の希薄な情報発信」を加速させた?

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。