【アセアニア経済】シンガポール、金融拠点強化 欧州尻目にフィンテック本腰 (1/3ページ)

2016.11.28 05:00

シンガポールで開催されたフィンテック展示会で、自社技術を説明する日本企業担当者=17日(吉村英輝撮影)
シンガポールで開催されたフィンテック展示会で、自社技術を説明する日本企業担当者=17日(吉村英輝撮影)【拡大】

 ITを使った新たな金融サービス「フィンテック」の育成に、シンガポールが本腰を入れている。英国の欧州連合(EU)離脱で混乱するロンドンなどのライバル都市を横目に、銀行間の仮想通貨決済の実証実験に乗り出すなどし、国際金融拠点としての競争力強化につなげたい狙いだ。シンガポールで開催されたフィンテックに関する大型展示会には、内外の大手金融機関に交じり、日本のベンチャー企業も出展して、アジアの巨大市場での事業展開に向けて独自技術を売り込んだ。

 ◆展示会に日本企業も

 「アジアへの進出にあたり、是非パートナーになっていただきたい」。シンガポール東部の展示会場の一角で17日、日本貿易振興機構(ジェトロ)が進出支援する日本企業7社の担当者は、約100人の聴衆を前にそれぞれ、英語で5分間のプレゼンテーションを行い、自社の特許技術を説明した。

 展示会は、シンガポール通貨庁(MAS、中央銀行)とシンガポール銀行協会(ABS)が16日から2日間、初めてフィンテックに特化し開催した。約80社・団体の出展者には、三菱UFJフィナンシャル・グループやNECといった日本勢を含む内外の大手も名を連ねた。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。