受動喫煙防止のロゴマーク 長崎市の草野さんの作品選定

2016.11.30 05:00

受動喫煙ロゴマーク
受動喫煙ロゴマーク【拡大】

 受動喫煙のない社会を目指そうと厚生労働省が募集していた「受動喫煙防止」のロゴマークに、長崎市のデザイナー、草野敬一さんの作品が選ばれ、14日、ロゴマークの発表と表彰式も丸ビルホールで開かれた。

 応募総数は180点。草野さんの作品は、たばこの煙が立ち上る中、子供の顔が苦しい表情に変わるのをイメージし「かわいくて親しみが持てる一方、受動喫煙の不安が分かりやすい」(審査員)と評された。

 審査員の1人、同省のいきいき健康大使でシンガーソングライター、平原綾香さんはビデオメッセージを寄稿。「他人が吸うたばこの煙を吸うことは、喫煙者がたばこのフィルター越しに吸う煙よりも身体に良くないことを知った」と述べ、「安心して暮らせる誇らしい日本が生まれるように、受動喫煙のない社会の実現を目指してがんばりましょう」と呼びかけた。

 草野さんは「受動喫煙に困っている、特に子供たちの役に立てばうれしい」とあいさつした。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。