中国社債 不履行増加も 金利上昇、直近2週間で発行中止3倍

2016.12.10 05:00

 中国でこの2週間に社債発行の取りやめが相次ぎ、その額は前年同期の3倍余りに上る。10~12月期(第4四半期)は記録的な社債償還を迎えており、不履行件数が増えるリスクが浮き彫りになっている。

 チャイナマネーと上海清算所のウェブサイトに掲載された資料によると、11月24日以降で少なくとも340億元(約5640億円)相当の社債発行計画が取りやめられた。前年同期は92億元にとどまっていた。

 チャイナボンドのデータによれば、社債価格は下落しており、国債に対する「AAA」格の3年物社債の上乗せ利回りは今月6日に1.13%と1年5カ月ぶりの大きさとなった。

 野村ホールディングスのアジア(日本除く)フロークレジット分析責任者、アニサ・リー氏(香港在勤)は「オンショアの社債利回り上昇が続き、起債できなければ、不履行件数の増加を目の当たりにすることになりそうだ」と説明した。

 中国人民銀行(中央銀行)がレバレッジ(借り入れ)や不動産価格、資本流出の抑制を狙い短期金利を押し上げており、中国企業は債務の返済がより難しくなる見込みだ。年初来の不履行件数は少なくとも25件。15年は年間で7件だった。(ブルームバーグ Judy Chen)

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。