中国からロンドンへ 1万2千キロ結ぶ貨物列車が運行開始 「一帯一路」の一環

2017.1.2 17:21

中国浙江省義烏の駅で、英ロンドンへの出発を待つ国際定期貨物列車=2016年12月31日(新華社=共同)
中国浙江省義烏の駅で、英ロンドンへの出発を待つ国際定期貨物列車=2016年12月31日(新華社=共同)【拡大】

 中国浙江省義烏と英ロンドンを結ぶ国際定期貨物列車の運行が1日、始まった。中国が掲げる現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の一環で、中国メディアによると、両国間の直通貨物列車は初めて。中国は欧州との経済関係強化のため、中央アジアを通じた鉄道物流の充実を図っている。

 運行距離は約1万2千キロ。新疆ウイグル自治区のアラシャンコウで通関し、カザフスタンやロシア、ポーランド、ドイツ、フランスなどを経由。英仏海峡トンネルを通って18日間でロンドンに到着する予定。貨物は衣類などが主だという。

 運行会社の責任者によると、海上輸送に比べて輸送時間を1カ月近く短縮でき、コストは航空便の20%程度だという。浙江省は製造業が盛んで、義烏は日用雑貨の世界的な卸売市場としても知られる。(共同)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。