【論風】増加するカード情報流出 ハイテク犯罪への対応急務 (1/3ページ)

2017.2.9 05:00

 □経済産業省消費者政策研究官・谷みどり

 成功の記憶が変化への対応を阻み失敗をもたらした事例は、歴史上多い。インターネットで世界がつながる今、変化を直視して自らを変えなければ、グローバル化したリスクに対処できない。近年、クレジットカードの情報が盗まれ悪用される事件が、世界中で起きている。日本では、対策の遅れが指摘される。既存の決済システムの成功が変化を阻んでいるなら、危ない。

 ◆IC端末導入立ち遅れ

 カードをシュッとこすって、情報を読み取り決済する端末がある。本人確認はサインだ。世界のこんな端末で、情報が流出し偽造カードが使われた。より安全とされるのは、カードの集積回路(IC)に暗号化して記録した情報を、IC対応端末にグッと差し込んで読み取り、暗証番号を入力する方式だ。まず欧州がIC対応端末を普及させ、途上国も続いた。米国でも、大手小売業者は2015年中にIC対応をほぼ完了した。

 ところが日本では、あるカード関係企業によれば、クレジット取引全体に占めるIC対応端末での取引は、昨年半ばで2割に満たなかった。いまだにICがついていないカードが残り、暗証番号を覚えていない人さえいる。

 ネット通販の決済も問題がある。カード番号と有効期限だけ入力すれば決済できるサイトを中心に、カード番号などの情報流出や他人によるなりすましなどの被害が起きている。パスワードによる本人確認などの安全対策はあるが、実施していないサイトが多い。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。