東京株、「森友問題」懸念で反落

2017.3.18 05:00

 17日の東京株式市場は、大阪市の学校法人「森友学園」の国有地払い下げ問題をめぐる政局の不安定化を懸念する売りが強まり、平均株価は反落した。下げ幅は一時100円を超えた。終値は前日比68円55銭安の1万9521円59銭。東証株価指数(TOPIX)は6.84ポイント安の1565.85。出来高は約20億1300万株。学園理事長退任の意向を示した籠池泰典氏の23日の証人喚問が決定し、この問題による投資リスクを避けたいとの思惑から売り注文が先行した。下値では割安な銘柄が買い戻され、狭い値幅での小動きとなった。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。