【マーケット トレンド】東京円相場 国内政局の動向が焦点

2017.3.20 05:00

 東京外国為替市場の円相場は、大阪市の学校法人「森友学園」問題をめぐる政局の動向が焦点となりそうだ。市場では1ドル=112~115円台で推移するとの見方がある。前週は、米連邦準備制度理事会(FRB)が、政策金利を引き上げた一方、今年の予想利上げ回数を3回に据え置いたことで、投資家によるドルの失望売りが優勢となった。今週は、籠池泰典氏の証人喚問が23日に予定されており、政権への悪影響が懸念されれば、円を買う動きが強まりそうだ。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。