【専欄】習近平と党中央の関係 元滋賀県立大学教授・荒井利明 (1/2ページ)

 習近平と党中央の関係はどうなっているのか。今秋開催される共産党大会に関する党機関紙「人民日報」の特集記事を読みながら、そんな疑問を抱いた。

 メディアの統制機関である党中央宣伝部は、党大会に先立つ報道に関して、習近平の一連の重要演説の精神、および前回党大会以降、この5年間の習近平時代の業績を大々的に宣伝するよう指示している。

 中国中央テレビや「人民日報」などは特番や特集を組んで、その指示に応える報道を行っており、中央テレビは先月、この5年間で各分野の改革がいかに進み、国民の生活がいかに改善されたかを伝える特番「改革を貫徹せよ」(全10回)を放送し、今月は「法治中国」と題する特番(全6回)を放送した。

 「人民日報」では今月上旬から、各省(直轄市、自治区)のこの5年間の変貌ぶりを伝える特集が連日続けられている。首都の北京市が第1回で、天津市、河北省と続いた特集は、毎回8ページを使った大特集で、各回の冒頭にはその省の党委員会書記が文章を寄せている。

 この各省トップの3000字前後の文章は、当然のことながら、いずれもこの5年間の業績を並べているのだが、目立つのは「習近平総書記」「習近平同志」という文言である。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。