農水相と米大使が牛肉輸入制限協議

 斎藤健農水相は12日、ハガティ駐日米大使と農林水産省で会談し、日本が米国産などの冷凍牛肉を対象にして発動した緊急輸入制限(セーフガード)などに関して議論した。ハガティ氏が会談後、記者団に明らかにした。

 ハガティ氏は「セーフガードについて徹底して話をした」と強調。制度の見直しなどを求めた可能性があるが、詳細は明らかにしなかった。「農産物、貿易に関し率直な意見交換をした。協力できる幅広い分野に関して話を継続することに合意した」とも述べた。

 政府は4~6月の冷凍牛肉の輸入量が前年同期に比べて急増し発動基準を上回ったため、8月から通常は38.5%の関税を自動的に50%へ引き上げた。来年3月末まで適用する。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。