【衆院選】民進前議員、神奈川県内で動き 阿部知子氏はリベラル新党、江田憲司氏は無所属

 民進党前衆院議員の新党「希望の党」への合流問題で揺れるなか、2日も県内で各氏が動きをみせた。

 民進の前衆院議員らリベラル派の受け皿となる新党「立憲民主党」からの出馬を決めた阿部知子氏は藤沢市で行われた市民団体「野党統一候補を求める神奈川12区市民の会」の会合に出席。「反対の声を排除する論理とは戦おうと思っていた」と小池百合子氏の姿勢を批判し、「立憲とは憲法にのっとるという意味。民意の先頭に立てることを誇りに思う」と語った。

 一方、無所属で出馬する江田憲司氏は横浜市青葉区の事務所で記者会見を行った。江田氏は「同志の多くが選別される惨状を目の当たりにし、かつて無所属で立候補した原点に立って戦い抜きたい」と理由を述べた。離党はせず、当選後は「同じ志を持つ人ならば連携し、安倍自民党に代わる政権担当能力のある政党づくりに全力をあげたい」とした。

今、あなたにオススメ
Recommended by