【試乗インプレ】産経デジタル的カー・オブ・ザ・イヤー2017はルノー・メガーヌGTに決定!

 
メガーヌGT

 一年の最後は、今年当連載で試乗したクルマの中からベストワンを選出する「産経デジタル的カー・オブ・ザ・イヤー2017」で締めくくる。言うまでもないが、12月11日に発表された「日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018」とは全く関係なく、われわれたった2名の選考委員が独断と偏見に基づいて勝手に選んでおりますのであしからず。上位5位までのクルマの画像もまとめて再掲するので、「そう言えばこんなクルマあったよなぁ」とゆるい感じでお付き合いいただければ幸いである。(産経デジタル 大竹信生・小島純一)

大竹信生が選んだトップ5

1位 ルノー・メガーヌGT

 ハンドルを握れば自然と笑みがこぼれる魅惑のハッチバック。ハンドリングや足回りの味付けが絶品で、全体的な完成度も申し分ない。従来モデルより内外装の高級感も格段にアップした。最大の評価ポイントは、この走りを「GT」という中核モデルで実現していること。高性能モデルの「R.S.」には手が届かない、という人に激しくオススメする!

2位 日産・ノートe-POWER

 e-POWERの最大の価値は、ガソリンを使ってEV走行ができること。充電の心配とは無縁で、給油さえできれば滑らかで力強いモーター走行が楽しめる。ペダル1本で加減速ができる新機能も新鮮。広い車内と200万円を切る価格も魅力的で、日産車として30年ぶりに月間新車販売1位に輝いたのも納得。

3位 スズキ・スイフト ハイブリッドRS

 日本のコンパクトカーの中でも一番スポーティーな、特徴の分かりやすいクルマ。走って楽しいのはもちろん、燃費性能や利便性も大前提として備えている。試乗したマイルドHVのほかにもHV、ガソリンターボ/ノンターボ、スイフトスポーツ、MT/AT/CVTなどラインアップが豊富。しかもすべて200万円以下という良心的な価格設定だ。

4位 ホンダ・N-BOX カスタム

 もはや国民的軽自動車。この車格のファミリーカーとしてこれ以上望むものはないほど、誰もが納得する完成度だ。外観は初代のイメージを踏襲しつつブラッシュアップ。内装の質感は「軽」の枠を超えている。国内専用車は開発費用や経営資源など制約が多い中で、生産現場はもちろんR&Dやマーケティングによる並々ならぬ努力があったことが伝わってくる。

5位 ボルボV90 クロスカントリー

 クロカンから街乗りまでこなせるマルチなステーションワゴン。とにかくデザインが美しい。高級ホテルにも乗りつけられるほどに洗練されていて、内装もボルボらしい個性に溢れている。上質な走り味やお家芸の先進安全装備も好感。ドイツ高級3社に引けを取らない存在になってきた。

小島純一が選んだトップ5

1位 ルノー・メガーヌGT

 VW・ゴルフキラーのフルモデルチェンジは、デザインでは先代のアクが抜け、「らしさ」が薄まったものの、誰もがカッコいいと思える普遍性を備えた。売りは「(高性能モデルの)R.S.が要らないのでは」と思える熱い走りだ。スムースに変速する7速DCTとパワフルな1.6リッターターボエンジンがベストマッチで、後輪操舵システムが効いた旋回性も痛快。どこを走っても楽しい。

2位 ホンダ・シビックセダン/ハッチバック

 世界で戦える国産Cセグの雄として国内復活した。高い実用性、欧州車に迫る走りの仕上がり、そしてリーズナブルな価格、とパッケージバランスに優れる。TYPE R気分を味わえるハッチバックの6MT仕様がいい。DCT仕様があれば1位に推したかった。

3位 日産・ノートe-POWER

 ワンペダルドライブの「発明」は画期的だ。ペダル踏み間違え事故防止策として有効なのはもちろん、EV普及に伴ってコモディティー化すると言われる今後の自動車のあり方への意義ある提案と言える。洗練度もすでに高く、作動が自然で、ドライバーの熟練度にかかわらず、誰もが難しく考えずに短時間の練習ですぐに慣れることができるのも特筆すべき点である。

4位 スズキ・スイフト ハイブリッドRS

 クルマ好きの間では定評があったスイフト。外観の変化が少なく一見地味なフルモデルチェンジだが、中身は大きく進化しており、操る楽しさは欧州Bセグに迫る仕上がりだ。しかも軽自動車並みの価格だから、若い人のファーストカーとしても適している。

5位 トヨタ・C-HR

 トヨタらしからぬ冒険したデザインに注目が集まるが、走りも本物。パワーユニットのバリエーションが増えれば、出来のよいTNGAプラットフォームの魅力がさらに高まるはず。今後の展開への期待も込め、ランクイン。

 ということで、満場一致でルノー・メガーヌGTを今年のベストとして選出した。5台中同じクルマが3台選ばれたのは全くの偶然。それだけ心に響くものを持った車種ということだろう。あなたのカー・オブ・ザ・イヤーは何でしたか? 年末年始、クルマ好き同士で自分たちのカー・オブ・ザ・イヤーを時間を忘れて語り合うのも乙かもしれない。

 今年もご愛読くださり、誠にありがとうございました。来年も引き続き試乗インプレをよろしくお願いいたします。皆様、よいお年を!