パナソニック「事業部制」復活の裏側 改革断行の覚悟…それとも社内政治? (5/5ページ)

2013.2.25 09:00

プラズマパネルへの過剰投資などが原因で、経営危機に陥っているパナソニック本社(大阪府門真市、本社ヘリから)

プラズマパネルへの過剰投資などが原因で、経営危機に陥っているパナソニック本社(大阪府門真市、本社ヘリから)【拡大】

  • 松下電器(現パナソニック)創業者の松下幸之助氏。昭和8年に「事業部制」を導入し、業績を飛躍的に向上させた

 ある関係者は「事業部制は松下電器産業(現パナソニック)の強さの源泉であり、象徴だった。それを中村さんが廃止したときは大きな反響を呼んだ」と前置きした上で、「事業部制といえば、社員はすぐに組織体制を理解できるかもしれない。ただ、別の名称でも良かったはずだ。事業部制という名称も復活させたことは、どこかに『以前の経営とは違う』というのを出したかったのではないだろうか。まさに社内政治であり、それが“否定”ととられても仕方はない」と説明する。

 パナソニックは、3月末に今回の事業部制の復活を盛り込んだ中期経営計画を発表する。津賀社長は、新生パナソニックをどう描いているのか。少なくとも過去10年間のうち4度も最終赤字があり、今期(平成25年3月期)を含む直近5年間の赤字総額は2兆円以上におよぶだけに、中村、大坪両氏に遠慮することなく改革を断行することがまず求められる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。