電炉メーカー存亡危機 電力値上げ、輸入鋼材増加で収益悪化 (2/4ページ)

2013.3.7 08:00

主要国・地域の粗鋼生産に占める電炉鋼比率

主要国・地域の粗鋼生産に占める電炉鋼比率【拡大】

 国内に約40社ある電炉メーカーは電気で鉄スクラップを溶かして建設向け鋼材などを製造しており、製造コストに占める電力の割合は3割程度にも上る。鉄鋼連盟の試算によると、電気料金の値上げ幅が1キロワット時当たり3円程度とすると、鉄鋼業界全体の負担増は年900億~1000億円となる。電力各社が実施または打ち出している産業用料金の2桁に上る値上げは、電炉業界にとってまさに死活問題だ。

 逆風は電気料金だけではない。国内の鋼材需要低迷に加え、中国や韓国からの安価な鋼材流入が続く中、「需要確保のためには電気料金値上げ分のコストを価格転嫁できる状況にはない」(電炉業界関係者)。電炉各社は節電に取り組み、電気料金が割安な夜間や土日曜日に操業を集中するなどしてきたが、コスト削減も限界に近づいているのが実情だ。

 さらに追い打ちをかけるのが、足元の円安だ。原料となる鉄スクラップの輸出が増加していることで、逆に国内では品薄になってスクラップ価格が上昇。これらの結果、電炉最大手の東京製鉄は2013年3月期決算の予想を下方修正し、最終赤字は165億円と4期連続の赤字の見通し。中堅メーカーの中山製鋼所も4期連続の経常赤字を見通しており、債権者との協議で負債を減らす私的整理での再建を目指す。

家族を含めれば約5万人の生活に影響が出ることが懸念されている

  • 韓国の不可解な日本製品不買 セオリー無視?アベノミクスに恨み節か
  • 超電導リニア、夢の500キロ台を実現へ 走行制御は芸術的な領域に
  • 鉄鋼業界、中韓攻勢で収益圧迫 見えぬ底冷え打開…頼みは新興国需要
  • CO2回収プラント「ESCAP」開発 新日鉄住金エンジニアリング
  • うめきたVSハルカス…本気度で勝るのは? オフィス誘致で明暗

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!