「空き家」激増…全国で利活用が拡大 シェアハウス転用、バンク後押し (2/4ページ)

2014.7.5 07:08

全国の空き家の数と空き家率

全国の空き家の数と空き家率【拡大】

 シェアハウスの利点について、日本シェアハウス協会の山本久雄代表理事は「入居者は一般の賃貸住宅に比べて経済的な負担が軽くて済む。一方、持ち主も毎月安定した家賃収入が得られる」と強調する。

 空き家は増加の一途をたどっている。5年ごとに行われている総務省の住宅・土地統計調査によると、全国の空き家の数は08年に757万戸と、03年から約15%増加。総住宅数に占める空き家の割合を示す空き家率も1998年に初めて1割を超え、2008年には13.1%に上昇した。今月下旬に発表される13年時点の調査では空き家は800万戸を超えているとみられる。

 宿泊サイト運営の「とまれる」(東京)は不動産仲介のエイブルと組み、訪日外国人客ら旅行者が賃貸住宅の空き物件に泊まれるよう、旅行者と物件所有者を予約サイトで結ぶ新サービスを今秋にも始める。旅館業法の適用が除外される国家戦略特区の規制緩和を活用。日本の生活を体験したい訪日客の希望に応えるとともに、空き物件の有効活用で所有者の収益機会も増えるとにらむ。15年3月末までに3000件の物件登録を目指す。

人口減少に悩む自治体では、空き家バンクの設置が中心となってきた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。