ビッグ3の影…テスラは虎の尾を踏んだのか 「アップルが買収」との憶測も (3/5ページ)

2014.7.20 07:02

 緊急指令

 「わが社の脅威となる存在か。丸裸にしろ」

 昨年夏、米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)のアカーソン最高経営責任者(CEO)=当時=は社内に“緊急指令”を出した。テスラを徹底分析する特別チームを作り、既存メーカーを切り崩す可能性があるか洗い出すためだ。設立からわずか10数年のベンチャーが、世界の自動車産業をリードしてきたGMやフォード、クライスラーのビッグ3を脅かす存在になりつつあることをうかがわせる動きといえる。

 ビッグ3は米国の政官財の枢要に影響力を誇り、自動車労組もオバマ政権と民主党の有力な支持基盤だ。かつてトヨタ自動車がリコール問題(回収・無償修理)で北米で袋だたきにあったのも、ビッグ3が米政府の背後で圧力をかけていたとの見方は今も根強い。

 ビッグ3はふだんは商品の開発・販売競争でしのぎを削るが、自分たちを脅かす“外敵”に対しては、「驚くほどの結束力を示して立ち向かう」(米自動車販売店関係者)とされる。

北米トヨタの関係者は「テスラは虎の尾を踏んだ」と声を潜める

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。