増税後に明暗、高級車売れ行き堅調 500万円以上のレクサスやベンツ人気 (2/3ページ)

2014.10.24 07:02

新型スポーツクーペ「RC」(左)と「RCF」を発表するレクサスインターナショナルの福市得雄プレジデント=東京都文京区

新型スポーツクーペ「RC」(左)と「RCF」を発表するレクサスインターナショナルの福市得雄プレジデント=東京都文京区【拡大】

 レクサスの9月の国内販売は前年同月比3%増で増税後初のプラス。6カ月連続前年割れのトヨタ全体より一足早く回復した。7月発売の小型スポーツ用多目的車「NX」が好調で、福市氏は「リーマン・ショック以降、お金があっても買い控えていた人が購入している」と話す。

 高級ブランドが多い輸入車も同様だ。9月の輸入車販売は、3.4%増と6カ月ぶりのプラス。日本自動車輸入組合は「(増税前の駆け込み需要の)反動減は収束した」とみる。

 背景にあるのは販売のばらつきだ。3月までは駆け込みでほとんどの車種が売れたが、4月以降は「400万円以下の車を購入する層の戻りが遅れる一方、500万円以上の層は増税分を気にせず買っている」(都内の輸入車ディーラー)という。

ベンツの最上位モデル「Sクラス」は最低価格が1090万円だが

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。