今どきの起業家はお金より夢 進む世代交代…「ヒルズ族」と一線 (1/6ページ)

2014.12.9 07:03

 起業家の世代交代が進んでいる。1976年前後に生まれた「ナナロク世代」が台頭。すぐ後には81年前後生まれの「ハチイチ世代」が続こうとしている。彼ら新世代の起業家は「ヒルズ族」の言葉に象徴される、かつての利益優先主義的なムードとはかけ離れた存在だ。自分の夢に忠実で、従来の常識にとらわれない一方で、若い世代ほど欲が薄く、いわゆる「草食系」と揶揄(やゆ)されることもある。一体、何が彼らを起業に駆り立てるのか。

 自分の価値観に忠実

 「周囲に惑わされず、自分の夢や価値観に忠実であろうと思い始めた世代」

 金融系のネットサービスを提供するマネーフォワードの辻庸介社長は、ナナロク世代の特徴をそう分析する。

 同社は、銀行や証券会社の入出金情報や、クレジットカードの履歴情報を自動収集し、それらを基に家計簿を作成できるサービスを提供している。辻社長も76年生まれで、ナナロク世代のど真ん中の一人だ。

「お金のサービスを広めるという夢を優先した」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。