【家電Watch】新しい形の浄水器 より安全で安心 (3/5ページ)

2015.1.5 05:00

Waterlogicの家庭用浄水器

Waterlogicの家庭用浄水器【拡大】

  • 家庭用機器「Edge」のカットモデル(右)。UVライトでバクテリアをほぼ除去できる
  • Waterlogicの幹部ら。米MITで原子物理学を専門に学んでいた人や、微生物研究者などが顔をそろえる

 「ウオーターサーバーの中には空気が入っている。水を注ぐときに泡がブクブクと上に上がっているのがその証拠だ。空気が入っているということは、バクテリアが繁殖するということ。また、ボトリングされた水は、環境に負荷が高い。作るために石油や化学薬品を使っているし、リサイクルも十分にできていない。水を運ぶのにも輸送費がかかる。フィルターで濾過するタイプの浄水器はさらに危険だ。フィルターを通した水は味を良くするために、除菌効果のある塩素を取り除いている。そのため、水は無防備で、バクテリアなどが繁殖しやすい状況になってしまう。バクテリアの繁殖を抑えるためには、水を5度以下に保つ必要がある。常温のまま置いておいたら、ものすごい数のバクテリアが繁殖してしまう」

 ◆自社で全製品生産

 Waterlogicでもう一つこだわっているのが、製品を全て自社で生産するということ。特に業務用のウオーターサーバーでは、製品の生産をあるメーカーに一括で委託して、完成した製品を買い取り、その後自社の製品として販売するメーカーも多いが、Waterlogicでは、製品の開発から生産、販売、アフターサービスまで一貫して自社で行っている。

 「OEM(相手先ブランドによる生産)の製品を管理するというのは、非常に難しいし、特にWaterlogicの浄水器はUV-Cライトを用いた技術に世界特許を取得している。自分達でそれを管理、生産していくということにプライオリティーをおいている」

 Waterlogicは、その清潔性や、水道水を使えるというコストパフォーマンスの良さで、業務用のウオーターサーバーで高い評価を得た。現在同社の製品は世界50カ国以上の国で使われており、米国、オーストラリア、ノルウェー、スウェーデン、ドイツ、イギリスではマーケットリーダーとして市場を牽引(けんいん)しているという。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。