「越境」出遅れる関電 安定揺らげば本末転倒 原発再稼働がネック (1/4ページ)

2016.3.3 06:32

関西電力の高浜原発4号機。再稼働の遅れが小売り競争に影響を与える=2月29日、福井県高浜町

関西電力の高浜原発4号機。再稼働の遅れが小売り競争に影響を与える=2月29日、福井県高浜町【拡大】

【変わる 電力小売り】(下) 市場活発化左右も

 「電力小売り全面自由化が始まるまであとわずかだ。全力を尽くして間に合わせてほしい」

 自由化まで4カ月に迫った2015年末、経済産業省資源エネルギー庁の長官室で、日下部聡長官は大手電力の首脳らを呼び、強い口調で要請した。各家庭が電気の購入先を変更する際に必要な基幹システムの開発が難航していたためだ。

 東京電力の山口博副社長は2月9日、経産省で開かれた自由化の準備状況を議論する電力基本政策小委員会で、「(基幹システムの)開発工程に遅延はない」と強調した。

 電力広域的運営推進機関(広域機関)は1日、大手電力と新電力の契約切り替え業務を一括で行う「スイッチング支援システム」の運用を開始した。東電などが開発する基幹システムもこれに連動する。

 トラブルの恐れ

 だが、実際にはトラブルの恐れは消えていない。東電幹部は「4月1日の自由化直前に申し込みが殺到すれば不測の事態も考えられる」と打ち明ける。万一、基幹システムに障害が起きた場合、購入先の切り替えを手作業で行うことになり、手続きが大幅に遅れる恐れがある。

関電は越境販売計画で出遅れた。理由は…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。