したたかな交渉術…安く買い叩かれたシャープ “身を捨てて浮かぶ瀬”はあるか (2/6ページ)

2016.4.16 17:08

会見が終わり顔を近づけて言葉を交わす、シャープの高橋興三社長(右)と鴻海精密工業の郭台銘会長(門井聡撮影)

会見が終わり顔を近づけて言葉を交わす、シャープの高橋興三社長(右)と鴻海精密工業の郭台銘会長(門井聡撮影)【拡大】

  • 会見は鴻海精密工業の郭台銘会長(中央)の独壇場となった
  • 会見中は鴻海精密工業の郭台銘会長(左)がシャープの高橋興三社長に握手を求める場面が何度も見られた
  • シャープと鴻海の契約会見は、2時間40分に及ぶロングランとなった
  • シャープと鴻海の契約会見には、日本だけでなく台湾メディアも多く取材に駆けつけた
  • シャープと鴻海の契約会見には、日本だけでなく台湾の報道陣も多く取材に駆けつけた
  • 鴻海精密工業とシャープの企業風土の違いを指摘した江丙坤・東京スター銀行会長
  • 業務協力覚書(MOU)を締結した台湾三三企業交流会・台日商務交流協進会の江丙坤会長(左)と大阪商工会議所の尾崎裕会頭=3月28日

 それもそのはず、今年2月に4890億円の出資でシャープを傘下に入れることが決まりかけたが、その後「偶発債務の存在」を理由に次々と条件変更を要求。約1カ月間にわたる迷走後、最終的には出資金1千億円の減額に成功。鴻海にとってはかなり有利な条件で合意したからだ。

 一方のシャープ経営陣は、鴻海の要求に振り回されっぱなし。「決めたことを翌日になってすべてひっくり返してしまう」(シャープ幹部)と不信感を募らせることもあったが、最終的には鴻海の要求に押し切られる形となった。

 こうした両社の対応の違いに、台湾の経済関係者は「台湾企業は中華圏のビジネスも日本企業の特性も熟知している。対する日本企業は台湾企業のやり方や存在価値の研究不足。シャープは技術面ではトップ企業だが、ビジネス戦略や交渉面では未熟だったことを露呈した」と指摘する。

「トップダウン」の台湾に、「合議制」の日本

 いったい、両社の違いはどこにあったのか-。

「また、現地のニーズに合わせたカスタマイズの力にも優れている」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。