したたかな交渉術…安く買い叩かれたシャープ “身を捨てて浮かぶ瀬”はあるか (6/6ページ)

2016.4.16 17:08

会見が終わり顔を近づけて言葉を交わす、シャープの高橋興三社長(右)と鴻海精密工業の郭台銘会長(門井聡撮影)

会見が終わり顔を近づけて言葉を交わす、シャープの高橋興三社長(右)と鴻海精密工業の郭台銘会長(門井聡撮影)【拡大】

  • 会見は鴻海精密工業の郭台銘会長(中央)の独壇場となった
  • 会見中は鴻海精密工業の郭台銘会長(左)がシャープの高橋興三社長に握手を求める場面が何度も見られた
  • シャープと鴻海の契約会見は、2時間40分に及ぶロングランとなった
  • シャープと鴻海の契約会見には、日本だけでなく台湾メディアも多く取材に駆けつけた
  • シャープと鴻海の契約会見には、日本だけでなく台湾の報道陣も多く取材に駆けつけた
  • 鴻海精密工業とシャープの企業風土の違いを指摘した江丙坤・東京スター銀行会長
  • 業務協力覚書(MOU)を締結した台湾三三企業交流会・台日商務交流協進会の江丙坤会長(左)と大阪商工会議所の尾崎裕会頭=3月28日

 こうした郭会長の姿勢について、台湾経済界関係者は「主に中国大陸で工場群を展開し、韓国のサムスンなどをライバル視する鴻海は、シャープの高い技術力を後ろ盾に持ったことをしたたかに利用してゆくだろう。シャープも鴻海を利用して飲み込み返すほどの経営再建戦略を示さないと、鴻海だけにとって都合のいい“結婚”になってしまう可能性もある」と指摘する。

 実際に江氏の側近もこう話す。

 「日本人は、中国か、台湾かの二者択一でないといけないと思っているようだが、それは間違い。中国をはじめ、東南アジア、世界への共同進出の出発点を、資金提供と技術マッチングによる日台産業協力プラットホームから考える時代になっている」

 事実、東南アジアには台湾企業が1万社以上あり、商工会も54団体。台湾の東南アジア投資は840億米ドル以上だ。もちろん中国にも台湾企業は約8万社、商工会130団体、100万人以上の台湾ビジネスマンが暮らす。

 外資傘下に入るシャープにとって、こうした新たな環境をどう活かすのか、これからが本当の正念場だ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。