進化するコンビニ和菓子、目指すは「専門店の味」 嗜好探りながら試行錯誤 (1/3ページ)

2016.6.26 07:14

 コンビニエンスストアで和菓子の商品が進化を続けている。地域ごとに味の特色を変えたり、生クリームを入れて和洋を融合させたりと工夫を凝らし、購買層をスイーツ好きの若い女性や男性にも増やして市場規模を拡大させている。目指すは、和菓子専門店といったところか!(中山玲子)

 地域性を反映

 「関西ではみたらし団子の種類を他地域より充実させています」

 コンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパンの担当者は、全国展開するみたらし団子で「地域ごとの味の開発や商品展開をしている」と明かす。関西では本来のしょうゆを控えめにし、本みりんを加えて爽やかな甘みに仕立てる。夏によく出る定番の「冷やしみたらし」は近くリニューアルする予定だ。

 地域別に味を変えるみたらし団子は昨年6月から展開。全国5地域に分け、あっさりめの関西に対し、関東ではしょうゆ味を強くしたり、九州ではもちに焦げ目を入れて香ばしくしたりしている。その後も地域分けを微調整するなど、消費者の嗜好を探りながら試行錯誤を重ねている。

 みたらし団子は京都発祥とされ、特に関西にはファンが多い。他地域では1種類の展開にとどまるが、関西では、もちの中にタレが入った「包みみたらし」など複数の種類のみたらし団子を展開している。

同社では砂糖の使用量を抑えることができるチルド(冷蔵)対応の…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。