日立、豪「課題解決型」に1000億円 伊では鉄道保守契約 (1/2ページ)

2016.12.2 06:14

1日、オーストラリア・シドニーで講演する日立製作所の東原敏昭社長(共同)
1日、オーストラリア・シドニーで講演する日立製作所の東原敏昭社長(共同)【拡大】

 日立製作所は1日、オーストラリアで2020年度までに累計1000億円を投資する、と発表した。この日シドニーで開いた日立グループの展示会で東原敏昭社長が表明した。現地の実情を踏まえた「課題解決型」のビジネスを推進し、同国での売上高を15年度の3倍となる3000億円に引き上げる。

 豪州では人口増加で交通渋滞が深刻化しているほか、医療費抑制も課題となっている。日立では、社会インフラ事業などで培ってきたノウハウや知見を活用しつつ、こうした課題の解決につながる製品や技術を提供していく。

 ビジネス拡大に当たっては、グループ会社と協力する。資源採掘関連では、建設機械子会社の日立建機に加えて、同社が買収手続きを進めている現地の鋳造部品大手、ブラッドケンの拠点を活用。

 鉄道関連でも、15年に事業買収したイタリアの鉄道車両メーカー、アンサルドブレダとの連携を強め、豪州で鉄道の信号システムや運行管理システムなどを売り込む。

豪州では売上高の約8割を建機が占める

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。