【21世紀を拓く 知の創造者たち】「ストロングゼロ」の挑戦 (2/5ページ)

2017.2.7 05:00

初川良輔さん
初川良輔さん【拡大】

  • 上井達也さん
  • 横山和典さん
  • -196℃でレモンを凍結する様子
  • アルコールに浸漬する前のレモンパウダー

 --「-196℃製法」とはどういうものですか。また、レモン味の商品が2つありますが、違いは何ですか

 横山 厳選したこだわりの果実をまるごと-196℃で瞬間凍結し、パウダー状に粉砕してアルコールに浸漬する方法で、本物の果実の味わいが得られるのが特長です。11年12月に特許を取得しています。

 上井 レモン味では、<ダブルレモン>と<ビターレモン>がありますが、レモン果汁に加えてレモンをまるごと使用することでしっかりとしたレモン感が味わえるのが<ダブルレモン>です。昨年7月に発売した<ビターレモン>は、-196℃製法を用いて凍結粉砕したレモンの果皮(ピール)を使用しているので、ほろ苦い味を楽しむことができます。「しっかり果実感」の<ダブルレモン>に対して、<ビターレモン>は「甘くないレモン」をコンセプトに開発しました。作り分けができるのも-196℃製法の強みです。

 --商品開発で苦労した点はどこですか

 上井 チューハイで最も大きいのがレモン市場ですが、<ダブルレモン>という商品があるにもかかわらず<ビターレモン>という新たな商品を投入するにあたり、どう差別化を図るのかということが難しかったです。-196℃製法でまるごとレモンとレモンピールを使い分けることで、甘さを抑えてレモンピールのほろ苦さを引き出した中味づくりを目指しました。また、ピールも単純に入れればよいというものではなく、味わいをしっかり出すための量や浸漬時間の調整が難しかったです。配合の組み立てが難しく、試作は100を超えました。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。