休眠電話番号開放へ 総務省、携帯料金値下げ促進も期待 (1/3ページ)


【拡大】

 総務省が、休眠状態の電話番号の利用を促すため、未使用期間の期限を設定する方針を固めたことが25日、分かった。利用者が伸び続けている携帯電話などは番号不足に陥っており、通信事業者に使用が認められている番号のうち長期間使われていないものは、格安スマートフォン事業者などに開放する方針。開会中の通常国会に法改正案を提出する。

 電話番号は総務省からNTTなどの通信事業者が指定を受けた上で使用している。しかし、未使用のままでも罰則がないため、既存事業者が番号を囲い込んでいる状況だ。

 このため、総務省は電気通信事業法改正案や省令に電話番号の未使用期間の期限を盛り込む。固定電話や携帯電話、フリーダイヤルなどの番号の未使用期間に3~5年の期限を設け、使われないままの番号は指定を取り消す。特に需要の高い携帯電話番号は、他よりも短い3年程度の期限を設定する予定だ。