中小企業、知財戦略で泣き寝入り 中国“パクリ品”の黙認余儀なく (2/4ページ)

2013.2.14 05:00

企業数、特許出願件数に占める中小企業の割合

企業数、特許出願件数に占める中小企業の割合【拡大】

 出願全体の10.8%

 国内の中小企業は約420万社を数え、全企業数の99%以上を占める。しかし、中小企業による特許の国内出願件数は、3万1068件(2011年)で、出願全体の10.8%にすぎない。海外出願件数も中小は全体の7.5%に当たる2838件にとどまる。

 中小企業には資金面で余裕がなく、「出願費用や専門的な人材の確保・育成費用が負担となる」(特許庁企画調査課の伏本正典・特許戦略企画調整官)ためだ。その結果、特許のノウハウが蓄積されず、トラブルに直面しても泣き寝入りを余儀なくされ、特許からさらに遠ざかるという悪循環も生じている。

 6年前の経験もあり、ヤマシタワークスは国内にとどまらず海外での特許出願に意欲的だが、それでも専門部署はない。特許に関しては「社長ら一部の社員だけで担当している」(浜田氏)というのが実情だ。

中国企業は「化学式が異なるので問題はない」と無視

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!