肉食魚のエサが巨大金魚に成長! 潜伏7年、驚きの“サバイバル生活” (1/3ページ)

2015.6.21 17:01

浄化槽で体長25センチまで成長した“脱走金魚”

浄化槽で体長25センチまで成長した“脱走金魚”【拡大】

  • ピラルク(左下)のエサだった金魚が脱出したとみられる排水口(右上)
  • “脱走金魚”が泳ぐ水槽(左)
  • ピラルクの水槽から脱出した金魚が“潜伏”していた浄化槽
  • エサから展示魚に出世した“脱走金魚”=三重県志摩市の志摩マリンランド
  • 真っ暗闇で成長したためか、赤い色素が抜け落ちた“脱走金魚”

 三重県志摩市の水族館「志摩マリンランド」の浄化槽で4月、体長25センチ、体重360グラムの巨大金魚が見つかった。関係者が経緯などを調べたところ、もともとはアマゾン川流域に生息する世界最大の肉食淡水魚「ピラルク」のエサだったが、水槽の排水口から“脱出”。地下の浄化槽まで逃げ延びて潜伏していたとみられる。その期間は、実に7年以上に及ぶという。暗闇の中で潜伏していたためか、赤い色素が抜けて“黄金色”に輝いているようにも見える。飼育員らも「奇跡」と驚いた。(川西健士郎)

 「ピラルクのエサ」必死に“脱出”?

 「大きな魚がいる。なぜ…」

 4月5日、ピラルクを飼育している水槽の地下にある浄化槽(縦5メートル、横3メートル)を清掃していた飼育員が魚影を見つけ、思わず作業の手を止めた。網ですくい上げると、巨大な金魚が姿を見せた。

 いったい、どこから金魚が紛れ込んできたのか-。

 このミステリーを解くヒントは、里中知之館長の証言に隠れていた。

 「実は、7年ほど前までピラルクのエサは小さな金魚だったんです。現在では固形のエサを与えているんですけどね」

 「世界最大の淡水魚」ピラルクは「生きた化石」とも呼ばれ、古代魚の展示に力を入れている同水族館でも目玉展示の一つになっている。大きいものは全長3メートルを超え、水槽を悠然と泳ぐ姿とは裏腹に小魚を主食とする肉食魚としても知られる。

浄化槽ではかなり快適な生活を送っていたようだ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。