トヨタ元役員を起訴猶予へ 悪質性低く、社会的制裁も考慮か 東京地検

2015.7.7 15:13

ジュリー・ハンプ容疑者

ジュリー・ハンプ容疑者【拡大】

 トヨタ自動車元常務役員で米国籍のジュリー・ハンプ容疑者(55)が麻薬取締法違反容疑で逮捕された事件で、東京地検は7日、ハンプ容疑者を勾留期限の8日に起訴猶予とする方針を固めた。悪質性が低いことや、役員を既に辞任したことなどを考慮したとみられる。

 ハンプ容疑者は、米ケンタッキー州の空港から成田空港に麻薬成分を含む錠剤「オキシコドン」57錠を国際郵便で輸入したとして、6月18日に逮捕された。

 関係者によると、ハンプ容疑者は調べに対し、「規制されている薬だと知っていた」と供述しており、違法性を認識していたとみられる。一方で、使途を「膝の痛みを和らげるため」と説明し、実際に膝に持病があることが確認された。

 また、トヨタには弁護士を通じて辞任届を提出し、受理されていた。

 東京地検は外形的に犯罪が成立しているものの、悪質性が低く、役員の辞任で社会的制裁を受けていることなどを考慮し、起訴を見送ることを決めたとみられる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。