生まれ変わったら道になりたい“側溝男” 性的嗜好と特殊能力に世間は驚愕 (1/8ページ)

2015.12.12 17:12

阪急岡本駅近くの郵便局前の側溝。男はこの中に未明から5時間も潜み、フタのすき間から女性の下着をのぞいていた=神戸市東灘区

阪急岡本駅近くの郵便局前の側溝。男はこの中に未明から5時間も潜み、フタのすき間から女性の下着をのぞいていた=神戸市東灘区【拡大】

  • 男が潜んでいた郵便局前の側溝付近は人通りが多い。フタから男の髪の毛が出ていたため通行人に気付かれた=神戸市東灘区
  • 側溝に潜んでいた男のスマートフォンにはフタ越しに女性の下着を撮影した動画も残されていた。男の髪の毛がフタから出ていたことで御用となったが、撮影された被害者の女性が特定できず、動画については立件に至らなかった

【衝撃事件の核心】

 女性の下着を見たいなら他にも方法はあるだろう。しかし、この男には側溝のフタ越しに眺める下着以外に興味がないらしい。「生まれ変わったら道になりたい」。2年半前、側溝内から女性の下着をのぞき見たとして兵庫県警に逮捕された際にそう供述し、世間を驚愕(きょうがく)させた通称「側溝男」。更生したかと思いきや、今年11月、再び同じ罪を犯して逮捕された。尿意や空腹に耐え、何時間も側溝で息をひそめる。実は男の側溝侵入は十数年前から続き、近所でも有名だった。男は取り調べに対し「側溝の中から下着を見たくて仕方がない」と開き直ったという。なぜそこまで側溝に執着し、下着のぞきという性的嗜好(しこう)と結びついたのか。

 未明から5時間も潜入

 街の明かりがすっかり消え、人の往来もなくなった8月16日午前3時ごろ。神戸市東灘区で両親らと暮らす男(28)は、Tシャツに短パン姿で静まりかえった自宅を出た。

 目的地は同区の阪急岡本駅近くの郵便局の出入り口にある側溝。美人の女子大生が多いとされる甲南女子大の最寄り駅であるJR摂津本山駅と岡本駅を結ぶ人通りの多い場所だ。

周囲に人がいないことを確認し、格子状のフタを急いで開けた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。