【視点】座席で化粧、音漏れ… 鉄道各社“迷惑マナー”対策で試行錯誤 (3/4ページ)

2017.3.21 11:30

東急電鉄が展開中のマナー向上広告「わたしの東急線通学日記」シリーズの『音漏れ篇』
東急電鉄が展開中のマナー向上広告「わたしの東急線通学日記」シリーズの『音漏れ篇』【拡大】

 時にははっきりと「NO」と言うことが重要。著名人を積極的に使い、明確なフレーズで訴える。人が集まる場所に出向いてPRするのもいい。奇抜な広告や動画などの“劇薬”も必要だ。乗客の意識改革は当然だが、会社側に(1)効果が期待できない(2)すべての人が迷惑していない(3)反発を買うから-の意識があっては変わらない。

 東急の展開は管理者の姿勢として一つのヒントになったといえよう。広報課の森田創課長も「いろいろな意見があったことは、よかったのではないか」と話す。

                   ■

 各社の反応は、「どこまで伝えるかの線引きがむずかしい」(東武鉄道)、「これまでも関心を持ってもらうための対策は講じている」(東京メトロ)など、インパクトのある対応には今のところ、消極的だ。

飲食店のように「もうあの店(電車)には行かない(乗らない)」とはならないはず

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。