注目集める賃貸住宅「サ高住」って何? 質のばらつきには注意を (2/4ページ)

2014.11.23 07:12

 「1人で暮らしていたときは、孤独死したらどうしようと考えたこともある。今は職員さんに声をかけてもらったり、同じフロアの人と話したり。安心感があります」と笑顔を見せる。

 「住宅型」の場合、家賃は5万5千円から、共益費1万5千円、安否確認・生活相談費用として5千円など。食事も朝食350円などで注文でき、自炊も可能。入居時に必要な敷金は家賃の3カ月分だ。

 所長の大岩輝之さん(38)によると、「身寄りがなく将来が不安」「家族に迷惑をかけずに暮らしたい」と入居するケースが多く、最期まで住み続けたいと希望する人も少なくない。今年春には90代の末期がんの女性を看取(みと)ったという。

利益を得るために必要以上の介護サービスを提供するケースも

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。