【書評】『スープ』細川亜衣著 (2/2ページ)

2014.12.6 12:49

『スープ』細川亜衣著(リトルモア・2300円+税)

『スープ』細川亜衣著(リトルモア・2300円+税)【拡大】

 話が脱線したが、亜衣さんのキッチン内での動きは、その手際のよさ、スピード感、無駄のなさなど、どのひとつをとっても、やはりそれでメシを食っていける人だなあと感じるに足るものだった。なによりもキッチンに立った途端に目つきが全くそれまでの雰囲気と変わってくるのはさすがだ。

 「スープ」には、亜衣さんの小さいころのちょっとした出来事や旅行のときのエピソードなど、さまざまな思い出が語られている。

 ひとつのスープ皿やカップにそんな思い出の数々が盛り込まれているわけだが、「食」というのはそもそもそうした生活体験から育まれていくもので、誰にでもあるそうした体験から料理が語られていることが、読みやすく、楽しいエッセーにつながっているのだろう。

 ともあれスープだけで一冊の本ができるというのは、男では考えられないことだと思う。(リトルモア・2300円+税)

 評・細川護煕(公益財団法人永青文庫理事長)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。