【書評】『朝露通信』保坂和志著 (2/2ページ)

2014.12.28 10:46

『朝露通信』保坂和志著(中央公論新社・2000円+税)

『朝露通信』保坂和志著(中央公論新社・2000円+税)【拡大】

 これは新聞小説だった。そのことを強調するように連載1回ごとに大きく番号が振られている。しかし、必ずしもその順番に読まなければならないわけではない。どこから読んでもこの味わいは変わらない。漱石も、小説はふと開いたところから読めばよいと「草枕」では言っていたが、「こころ」のような新聞小説では、ミステリー的な話の展開で読者を引っ張る方法に頼った。一方、新聞という近代的時間の浸透装置の中にあってあえてそれを緩やかに攪拌(かくはん)する保坂のこの文章に身を委ねるとき、読者はいまだ見たことのない鎌倉や江の島に対するノスタルジーをかき立てられ、会ったことのない奈緒子姉やエモッちゃんと旧交を温めることになるだろう。(中央公論新社・2000円+税)

 評・伊藤氏貴(文芸評論家)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。