働く女性のストレス事情 約8割が実感…原因や解消法は時代とともに変化 (4/6ページ)

2015.2.1 17:09

 ■ストレスがたまり、ついカロリーを気にせず好きなだけ食べ、休日何もせずに寝てしまった・・・

 『ストレスが原因で失敗してしまったこと』を質問すると、今回も2007年も「カロリーを気にせず好きな物を好きなだけ食べてしまった」(48.0%)が1位となった。また、今回新たに選択肢を追加した「休日何もせずにずっと寝ていた」(35.0%)が2位に。『ストレスの解消方法』として「寝る」「好きなものを食べる」が上位にあがったが、“失敗した”と感じるほど「食べ過ぎ」てしまい、「寝すぎ」てしまうことを、多くの働く女性が経験しているようだ。

 ■ストレス解消にかけた最高金額は150万円。7年前より350万円もダウン

 『ストレス解消のためにかけた最高金額』を質問すると、宝石のためにかけた「150万円」が1位となった。2007年の1位「500万円」からは350万円ダウンするなど、全体的にストレス解消にかける金額が下がっている傾向が見られた。

 ■働く女性、平日の睡眠時間は6時間。休日は1時間以上長い7.2時間

 『平日・休日の睡眠時間』について質問すると、平日の夜は平均で6時間、休日は7.2時間となった。さらに、その分布を見てみると、平日は「6時間以上7時間未満」と答えた人が多い一方、休日は「8時間以上」と答えた人が最多となった。

ストレスがある人とない人では睡眠時間に差が…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。