女子力が激落ち…ネットカフェで「女を休む女」は孤独死予備軍か? (6/7ページ)

2015.10.17 17:12

実際女性専用エリアに入ってみると、ここだけアロマのようないい香りが。バリのリゾート地をイメージしたという壁紙やインテリアは街角のネイルサロンのよう。フードやドリンクも充実し、一度入ると長時間過ごしたくなること必至の空間だ。

実際女性専用エリアに入ってみると、ここだけアロマのようないい香りが。バリのリゾート地をイメージしたという壁紙やインテリアは街角のネイルサロンのよう。フードやドリンクも充実し、一度入ると長時間過ごしたくなること必至の空間だ。【拡大】

 そういえば、先述のB子さんは夫と2人暮らし。家にいると夫に話しかけられるし家事をせざるを得ず、なかなか自分の世界に入り込めないだろう。漫画喫茶常連の私の友人女性(33歳・独身)も「ウチは実家だから、1人になりたい時に駆け込む」と話していたっけ。

 そんなことを考えていると、ひょっこり、文化系の香りがする薄化粧の黒髪美女C子さん(25歳・サービス業総合職・彼氏アリ)が入店してきた。磨けばアイドルになりそうな天然美女である。

 「今日は彼とスケジュールが合わなかったので来ました。1人の休日は料理をするか、ネットカフェに来ますね。漫画を読んで笑ったり泣いたりすると、スカッとするんです。心のデトックスですね」

 Aさん、Bさんは漫画の好みがヤングジャンプなどの青年漫画や歴史漫画だったのに対し、C子さんは『失恋ショコラティエ』(水城せとな作)や『きょうは会社休みます。』(藤村真理)などの少女漫画が好きだというのが新鮮だった。また、「女性専用エリアがある店ではファッション誌や少女漫画を4~5冊読みますね」と話し、女子っぽさが漂ってきた。ただ、C子さんも「1人になりたくて来ているので、出会いなんて考えたこともない」という点では一致していた。

ファッションや雰囲気から漂う女子っぽさに差はあれど…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。